100%植物由来の機能性素材(室内空気質対策) 「万生(ばんせい)」 ~UVフロアコーティング万生プラス

植物成分100%の室内空気質対策「万生(ばんせい)」のエイジングケア・還元空間が新しい生活様式の基準「UVフロアコーティング万生プラス」ページです。

人間にとって有害な物質を分解して還元空間を生み出す植物のもつ抗酸化力を活かす万生(ばんせい)

化学物質を吸着 脱シックハウス においを除去 高い抗菌作用 強い抗酸化作用

日本初、身体の酸化軽減効果が認められたUVフロアコーティング

住まいの価値を高め、暮らしの質を向上する高品質UVフロアコーティング 万生プラス

人にも環境にもペットにも優しい

1回のコーティングでワックスがけ・メンテナンス不要

耐久性、防滑性、安全性+抗菌・抗ウイルス、防臭・消臭、身体還元(抗酸化)、揮発性有機化合物(VOC)低減、浮遊有害物質分解

ノンスリップ、耐水性、ECO素材+天然植物成分100%、証明された安全性、天然素材による空気浄化

環境にも優しいエコ素材、環境に配慮したUV樹脂


約20年以上の密着耐久性。お掃除はドライタイプのフロアモップなどで1ヶ所にゴミを集めて掃除機で吸い取るだけでOK。
毎日のお掃除が楽になります。U Vコーティングはお部屋に合わせてお選びいただける艶有り(光沢)と艶消しがあり、コーティング膜は耐熱性に優れ、調理中の油の飛び跳ねでも膜は侵されず※、膜が厚いため、コーティング層で傷を吸収する事が多くなり、素地(フロアー)を直接痛める事が減ります。
またメンテナンスもフロアーのピースごとに切っての再施工が可能ですので、数年後に気になる箇所が出てきても安価に手直し・追加が可能です。

検査の特徴
・特許取得検査方法
・厚生労働省 一般医療機器使用
・被験者は老若男女不特定にて実施
・柔軟剤で洗濯した衣類を着る

※床上60cmの空気質に潜むリスク
現在の住宅の多くは換気口が設けられておりますが、換気等を行っても床上60cmに化学物質が滞留するとが懸念されており、床上60cmには幼児や高齢者、ペットなどがすごす場所でもあり、今回の検証試験は成人全員が床に座った状態で床上の空気を吸いやすくする工夫をし、その空気を吸い込むことでの身体の酸化還元の作用について計測を行いました。
その結果、被験者全員の身体に還元作用が認められ、UVフロアコーティング万生Plusによって化学物質が分解されその空気を吸い込んだ身体に還元作用を導いた事を証明出来ました。
検証の結果、UVフロアコーティング万生Plusが施工されている室内に入り、最短10分で身体に還元作用が現れることも確認することが出来ました。

滞留する床上60cmの悪い空気を大切な家族が吸うことになります


UVコーティングは全て同じ?
実は違います。弊社はUVコーティングが日本に上陸した頃より、研究チームに加わり日本企業4社で改良と再開発を行っているUV照射器とUV樹脂の販売元になります。
ネットでUVコーティングを販売している会社の殆どは弊社か他3社からの販売先・FC加盟店です。
ネット上にはUV樹脂は粘度が高く(ハチミツ位)塗りの作業が難しいことを理由に、アルコールで薄め塗り易くした物を販売しているUVコーティング会社もありますが、アルコールが揮発するまでの間、焼付ける事が出来ないので、結果揮発性成分が室内に充満してしまいます。
弊社の商品は希釈ナシの無溶剤(樹脂)で歯のコーティングなどにも使用されいる安心な材料です。

UVフロアーコーティング(ウルトラバイオレット=紫外線照射により樹脂が硬化)

様々なコーティングの中で唯一、照射型完全硬化ですので、ご入居後も放出物が徐々に染み出てくる事はありません。
歯科で歯の補修剤、給水ボトル、医療用体内チューブに使用されている安全素材で、シンナー・アルコール・アンモニア(ペットの御粗相)に強く、熱にも強いのでタバコが落ちても塗膜は殆ど侵されません(長時間タバコ放置はフローリングに熱が伝わり変色はしますがコーティング膜は破壊されません)。
強制乾燥の時に多少の臭気が出ます、気になる方でも作業後(入居時に)に換気をして頂ければ無くなります。

④-1一般UVコーティング

平均寿命30年以上(保証期間20年)溶剤・温度に強い実績28年以上(弊社では住宅に提案)
上記①~③は常温乾燥になり、コーティング後の密閉された室内クロスなどに揮発性性分(ホルムアルデヒド等)が付着しF✩✩✩✩基準を損なう原因になります。
シンナー◎アルコール◎耐熱800℃(調理中の油が飛んでも塗膜は侵されません)
※硬度はガラスコーティング8~9/10Hに対して4~5/10Hになります、シナル木材に密着が優れております、傷はガラス系より入り易くなりますが、コーティングの層で傷を吸収し木部へ達するのを防ぎます。

④-2オリジナルUVコーティング(万生仕様)

同じUVコーティングにも種類が有り殆どのUV商材がアルコール系UV樹脂となり、揮発性性分によりシックハウス症候群を発症します。
(弊社UV樹脂は樹脂を液化したオリジナル商材です、揮発性性分や溶剤を含んでおらず安全な商材です。)
UVコーティングは焼付の時に臭気が出ます。気になる方でも作業後(引越時に)に1回換気をして頂ければ無くなります。
歯科で歯の補修剤、給水ボトル、医療用体内チューブに使用されている安全素材です。
弊社はUVコーティングが日本に上陸した頃より、研究チームに加わり日本企業4社で、改良と再開発を行ってきました。
UV照射器とUV樹脂の開発元・販売元になります。ネットでUVコーティングを販売している会社の多くは、弊社か他3社もしくは商社からの販売先・FC加盟店になります。

コーティング種類

各社で様々なネーミングをつけておりますが、一般的に普及しているコーティングは大きく分けて4種類に分類されます。

①水性系(ウレタン)コーティング

平均寿命7~8年溶剤に弱く長時間の水にも侵されます。(弊社では賃貸アパート用商材)
シンナー×アルコール▲(布に浸させ軽く拭ける程度)
※10年位で再度施工は、家具の移動常温(自然)乾燥により施工日はホテル泊になります。
配合によっては、完全乾燥(硬化)後はアルコール耐久の商品もあります。

②ガラス系コーティング

擦り傷などに強く、溶剤にも強いが商品化されて15年程度で実績が無い塗装面の硬度が8~9/10Hと硬過ぎて、フローリングなどの動きのある材料には不向き
(割れ剥がれる)(弊社では商業施設・外部に提案)
シンナー◎アルコール◎
※コーティング層の奥まで完全乾燥には7~10日本来は必要です。(最も有害性が高いコーティング)

③シリコン系コーティング

フローリングの床鳴りを起こし易く殆どが廃盤(弊社では指定が無い限り不使用)
シンナー◎アルコール◎
※フローリングの合わせ目より浸透し、液溜まりを起こし音が出安い(雪を踏んだ様な音)※20年前は最も優れたコーティングとして普及してました。

安全性・ECOに関して

各社で様々なネーミングをつけておりますが、一般的に普及しているコーティングは大きく分けて4種類に分類されます。

①ネットやチラシの危険なキーワード

『極めて安全な』『飲んでも安心』『赤ちゃん・子供・お年寄りにも安心』は、安全基準からは謳えない成分を含んでいるコーティング剤の誤魔化し文句です。
科学物資は勿論のこと、揮発生成分、溶剤(トルエン・キシレン他)を含み、コーティング一つでフォースターF★★★★を阻害します。

水性系、シリコン、ガラスコーティングは、常温自然乾燥(塗って乾くのを待つ)工法です

硬化して固まる(安定)するまで、商品によって数日間から数週間を要するものがあります。
工事期間が短い現状で、入居者が歩ける程度になる最低時間を乾燥時間としてますが、入居後も揮発は続いており、生活の中でその成分を吸引する事は避けられません。
また、乾燥は通気・換気を併用すれば早まりますが、埃を吸着してしまうので密閉状態で行うと、揮発性物質はクロスに付着してしまいます。
シックハウス症候群の問題により、最近のクロスがECOな材料・糊を利用している意味が無くなってしまいます。
弊社も上記内容のコーティングを一通り扱っておりますが、10年程度しか持たない弱いコーティング、硬い事を利点としてフローリングの動き(しなり)に不向きなコーティングも有ります。
弱いコーティングは剥がす事が出来る物が多く(剥がせる=剥がれる)、剥がす必要がある理由は常温自然乾燥時にフローリングの繋ぎ目より内部に浸透し床鳴りの原因になる事が多々あり、建築会社とトラブルになるケースがある為です。

保証・耐久に関して

ガラス系コーティング等は耐久性30年と謳ってますが保証書では無い物が多い、15年程度の実績で30年耐久と誇大PRしている。
耐久性を保障と誤解されているお客様が多くその様な書き方をして回避しているHPが多く存在します。
水性系コーティングは10年保証程度の商材です。

施工事例

住宅

賃貸住宅

寺院

コンクリート